~美容師の美容師による美容師の為の動画学習サイト〜

前髪パーマ&前髪似合わせの法則

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1983年 静岡県浜松市に生まれる。幼稚園から高校まではサッカーに打ち込み、高校卒業と共に美容師を志し単身上京。入社三年目に大型店舗へ移動、トップスタイリストへの道を歩み始める。ジュール三条店店長を経て、現在KYOTO店店長/トップスタイリスト。2005年よりは、オークボコンテスト、CATコンテスト、ロレアルカラーコンテストなどで受賞。2014年ロレアルカラートロフィーコンテストJAPANファイナリストに選出。その確かな技術で、美意識の高い30代ー50代の女性顧客に圧倒的支持を受ける。トップスタイリストになった今も、現場に立ち続け、お客様を美しくする技術の研磨に余念がない.

前髪パーマ&前髪似合わせの法則をビフォーアフターで解説

こんにちは。平松です。

前髪パーマって正直怖い。。かかりすぎて変になったらどうしよう?ってか、そもそも似合う前髪って何?

そんな不安や悩みを解消するべくこの記事を書きました。

今回は「前髪カット&前髪パーマで可愛くなれる」をテーマに実際のお客様のビフォーアフターを交えて紹介していきます。

Yoshinori

ポイントは

似合わせポイント①目の上ギリギリで毛先にフワッと軽さのある前髪。

前髪の幅を目尻より1センチ外側に設定し、ワイドバング(幅広め)気味にする事で大人っぽさの中に可愛さを少しプラスしていきます。 そして頬に髪がかかる様にサイドバング(前髪からサイドにかけての髪の毛)をカット。

似合わせポイント②前髪パーマ

たった2本ロッドを巻くだけ。ふんわり前髪を創るのに欠かせない施術です。

この前髪パーマをするかしないかではふんわり感が全然違ってくるので、一度試してみてください!

前髪パーマをした方が良いのはどんな人?

前髪パーマが必要な人

  • 前髪がパックリ割れる
  • 直毛でふんわり流れない
  • 前髪がペタッとなる(ボリュームが出ない)
  • 顔周りに柔らかい印象が欲しい

上記に思い当たる節がある人は前髪パーマがオススメです!!是非チャレンジしてみましょう!!

とは言っても、前髪パーマってやっぱりハードル高いな〜(゚ω゚)って人のためにお客様の実例をビフォーアフターでご紹介します。

それでは早速いってみよう!

いつもカットさせてもらう時に気をつけているポイント。

そう。前髪です。ビフォーアフターで解説していきます

前髪といえば、、、

小顔になれる前髪の秘密大公開。。。

でも色々とお伝えしていますが、可愛いスタイルを創っていく上でかなり重要なウェイトを占めている部分です。

 

前髪パーマ&前髪似合わせの法則 ビフォー

前回カットしてから2ヶ月程経っているので目にかかってきて少しバランスが崩れてきています。前髪パーマ&前髪似合わせの法則

似合わせポイント①目の上ギリギリで毛先にフワッと軽さのある前髪。

前髪の幅を目尻より1センチ外側に設定し、ワイドバング(幅広め)気味にする事で大人っぽさの中に可愛さを少しプラスしていきます。 そして頬に髪がかかる様にサイドバング(前髪からサイドにかけての髪の毛)をカット。   前髪パーマ&前髪似合わせの法則 ここでフワッと軽さのある前髪を創る為にもう一つ大事なポイント。

 

似合わせポイント②前髪パーマ

ふんわり前髪を創るのに欠かせない施術です。 この前髪パーマをするかしないかではふんわり感が全然違ってくるので、一度試してみてください!

前髪パーマ&前髪似合わせの法則

えっ??前髪パーマって2本だけ?

そーなんです!!前髪パーマはたった2本ロッドを巻くだけ。時間にするとトータル30分程。これは試すしかないでしょう。

前髪パーマ&前髪似合わせの法則 アフター

前髪パーマ&前髪似合わせの法則

ビフォーアフター

前髪パーマ&前髪似合わせの法則

前髪パーマ&前髪似合わせの法則 まとめ

似合わせポイント①目の上ギリギリで毛先にフワッと軽さのある前髪。

前髪の幅を目尻より1センチ外側に設定し、ワイドバング(幅広め)気味にする事で大人っぽさの中に可愛さを少しプラスしていきます。 そして頬に髪がかかる様にサイドバング(前髪からサイドにかけての髪の毛)をカット。

似合わせポイント②前髪パーマ

たった2本ロッドを巻くだけ。ふんわり前髪を創るのに欠かせない施術です。

この前髪パーマをするかしないかではふんわり感が全然違ってくるので、一度試してみてください!

 

前髪で印象はかなり変わります。

幅はどのくらい?重さは?流す?下ろす? 言い出したらキリが無いけど、なりたいイメージ×似合わせで可愛いは無限大です!!

是非参考にしてください。

 

ヘアカラー厳選マル秘レシピ10選無料プレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
1983年 静岡県浜松市に生まれる。幼稚園から高校まではサッカーに打ち込み、高校卒業と共に美容師を志し単身上京。入社三年目に大型店舗へ移動、トップスタイリストへの道を歩み始める。ジュール三条店店長を経て、現在KYOTO店店長/トップスタイリスト。2005年よりは、オークボコンテスト、CATコンテスト、ロレアルカラーコンテストなどで受賞。2014年ロレアルカラートロフィーコンテストJAPANファイナリストに選出。その確かな技術で、美意識の高い30代ー50代の女性顧客に圧倒的支持を受ける。トップスタイリストになった今も、現場に立ち続け、お客様を美しくする技術の研磨に余念がない.

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Jourオンラインスクール , 2019 All Rights Reserved.